薄げに悩む女性が急増中なんですって知ってます?

薄毛抜け毛は、男性特有の悩みと思われがちですが、実はここ数年の間に薄毛の悩みを持つ女性が増えています。

 

薄げで悩む女性は全国で約600万人ともいわれ、女性のおよそ10%、すなわち10人に1人が薄毛や抜け毛に悩んでいます。

年をとるっていやですね。

加齢によって女性のかみってどのように変化するものでしょうか?

 

  1. ボリュームダウン
  2. 若齢者と中高齢者の頭皮を比較してみると、中高齢者のほうが髪の本数が少なく、髪の密度ばまばらになっていることがわかります。
    これが、加齢によって髪のボリュームが低下した状態です。

     

  3. コシの低下、うねり
  4. 加齢とともに、髪の内部を満たしている遊離脂質という成分が減少します。
    すると髪の内部に空洞ができ、髪がやせて細くなることで、かものコシがなくなりうねりやすくなります。

     

  5. ハリ・ツヤの低下
  6. 髪の表面を覆っているキューティクル層は、加齢によって薄くなるとともに、キューティクルが乱れることで、髪のハリつやが失われます。

     

  7. 薄げ抜け毛
  8. 女性は加齢やライフステージによって、ホルモンバランスが変化しますが、それらに加えて、日常生活でのストレスもホルモンバランスを乱します。
    これらのホルモンバランスの変化や乱れが毛髪環境にも影響を及ぼし、薄毛や抜け毛といったトラブルを引き起こしています。

 

どうしても加齢というのはとめられないものです。
だからといってあなたは、化粧品を使うのをやめていますか?

 

そうではないはずですよね?
それは、年齢基礎化粧品の効果を知ってるからですよね。
だから、髪の毛にもすこしでも長く、ハリや潤いコシを保ちたいならば、しっかりと育毛剤などでケアを心がけましょう!

 

トップページ