女性の薄毛の主な原因はホルモンバランスの乱れ

薄毛や抜け毛の原因は、男性と女性で異なります。
遺伝的要因が大きい男性に対して、序背は、ホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。
女性の体内における男性ホルモン量は、ほぼ一定量を保っていますが、女性ホルモン量は、加齢によって減少したり妊娠、出産、更年期などライフステージの変化によって増加・減少を繰り返します。
その結果、男性ホルモンの影響力が強まる時期に、薄毛や抜け毛が生じてしまうのです。

 

現代では、日常のストレスやダイエットも、ホルモンバランスを乱す要因ともなっています。
加齢やライフステージに関係なく髪の悩みが増加してるのは、そんな理由もあるのです。

 

髪は日々、成長し続けています。

髪は頭皮の表面に出でている毛幹と頭皮の中の見えない部分の毛根の2つに分けられ、毛根の根元にある毛球とよばれる丸い部分でつくられています。
毛球では、毛細血管を通じて髪に必要な栄養分を毛乳頭に取り込み、毛母細胞が活発に分裂を繰り返すことで髪が作られます。
毛母細胞の分裂には、たくさんの栄養が必要です。
この細胞が増殖する際に毛細血管から送られてくる栄養が不足すると、髪は成長しにくくなるのです。

 

すなわち、体内の栄養不足を補い、血管の収縮や血行の乱れを防いで十分な栄養を届けることが薄毛や抜け毛のケアにつながります。

ヘアサイクル(毛周期)が乱れて薄げ・抜け毛の原因となります。

髪には寿命があり、

 

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

 

という3つの期間で発毛と脱毛を繰り返しています。

 

このプロセスをヘアサイクルといい、その周期は一般的に4〜6年ほどといわれています。
このヘアサイクル(毛周期)が正常に繰り返されることで、髪全体量を一定に保っています。
ところが、ヘアサイクルが乱れると、もっとも長い時間を閉める髪の成長期が短くなり、髪は十分に育たないまま抜け落ちてしまいます。
これが抜け毛の原因につながり、また、成長しきっていない髪がおおくなることで、全体のボリュームが低下し、薄毛の原因となります。

 

つまり薄毛・抜け毛の解消には、ヘアサイクルを正常に保つことが大切なのです。

トップページ